FC2ブログ

ミニのひとりごと

ミニの毎日のひとりごと

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11日 午前中、ヨガ教室1時間半

今日考えたこと。
とりとめのない思いだけど、自分自身に記録しておきたいので日記に残します。(とにかく長い長~い日記です(^^;))


ヨガ教室の先生は、母が祖母の介護していた時の介護仲間。
教室の生徒さんも、家族の介護中の方が多く、時間の合間をぬって来ている。
ヨガの始まる前、悩みをきいたり、励ましあったりもあるようだ。
経験者だけがわかりあえる事もあるのだろう。
母は前に「しんどかったけど、おばあちゃんのお陰で(介護したから)、まなんだこと、出会った人がいっぱいや。」って言ってた。

介護・・自分にはまだ現実味がない。

人は生まれてきて
 1.まず育てられ
 2.次に子供を育て
 3.そして両親を看て
 4.最後は自分が誰かに看られて 

・・・と、考えてみると、私はまだ1.しか経験していない。
(2・3は経験しない場合もあるけど)
まだまだ半人前。

経験しないとわからない事がたくさんあると思う。
「親になって初めて親の気持ちがわかった」とはよく聞く。
その時、色んなこと後悔したりもするのかな。

母は、祖母が痴呆になって10年弱の間、介護をしていた。
私はこの頃のこと、後悔する事がいっぱいある。

私は、介護の手伝い、ほとんどしていなかった。
ぐちを聞いてあげるような事もしなかった。
母はちょうど更年期障害の時期とも重なり、
心身ともにかなりキツかったと思う。

「更年期障害」、私がその苦しさを知ったのは、1年前の事。
海外旅行に行く飛行機で読んだ機内誌だった。
無気力、イライラ、ヒステリック、体が熱くなったり痛くなったり、、、
そんな症状で情緒不安定の母の事、当時の私は
理解するどころかうっとおしいとさえ思い、衝突も少なくなかった。

 私自身は、生理前のイライラを抑えられないのに・・
 反抗期には毎日イライラして、家族全員に当たり散らしたというのに・・

 
機内誌は、ある女性の手記が載っていて、
更年期障害で何年も無気力・イライラ・体の不調に苦しんでいた事が切々と綴られていた。
そんな時、無理やり娘が海外旅行に連れ出した。
それがきっかけで、何年ぶりかで晴れやかな気持ちになり、更年期を克服できたという家族への感謝の手記だった。

読んで、私は母に申し訳なく、自分がなさけなく、後悔の涙が止まらなかった。私はやさしい娘ではなかった。
更年期と介護に格闘する母
家族が一番しんどい時、無関心で、自分の事だけだった。
理解しない、手伝わないだけでなく、文句まで言って。。
 

遅いけど、、この機内誌を読んた1年前の夏から、
ようやく私は家族を思いやることを意識するようになった。
会社を辞めてしばらくゆっくりしたいと思ったのも、
両親との時間を作りたいということも一因。


秋にやっと母を海外旅行に連れていく。
母は介護も更年期もとっくに終わって、第二の人生を謳歌しているけど。
でも、今までのこと謝りたいし、それから色んな話いっぱいしたいなぁと思っている。
スポンサーサイト
コメント
家族・・・
うっ、痛いタイトルだ(笑)
実は・・・・・・・・・・・・・・
ゆうみは4月まで家出娘だったのでした~
(⌒▽⌒)アハハ!(笑い事じゃない?)
親とケンカして家飛び出して彼んちに転がり込んだんだ。。。お母さんいなくて厳格な父親だったから窮屈に感じてて(いろいろあるんだけど)諸事情を彼は知ってたから家出したときも受け止めてくれたんだ。
今は不注意(?)で見つかっちゃって理解してもらって実家にも行ったりしてるけどね。それが一番の親不孝したって思ってるから、今日のタイトルは痛い(笑)でも、こうして考えるきっかけになったからミニさんには感謝(o*。_。)oペコッ
2005/08/14(日) 22:39:09 | URL | ゆうみ #-[ 編集]
離れて・・・
わかる事もありますよねぇ。。。。

家出、私は中2のとき1泊だけしました(^^;)
根性なしですね。。

家族いつも仲良く楽しく暮らす、なんて理想だけど、
親が大切でも、だからといって親の望むように生きる事はできない。自分の人生を歩きたいです。
幸せになる事、結局はこれが一番の親孝行!なのだと思うことにしています。

でも、親にぶつかる事ができるのは、何があっても親はやっぱり自分を愛してくれる存在だからのような気がします。
友達や彼氏には、ほんとにとことんやり合ったら離れてしまうかもっていう遠慮のラインがあります。
衝突する事ができる関係、貴重なものかもしれませんね~。
2005/08/17(水) 12:33:03 | URL | ミニ #-[ 編集]
だね~
うちは父子家庭だったしおまけに1人っ子だったから親の愛情って言うか関心が120%私に向いてたから余計にね。。。過保護って言ってもおかしくないくらいだったから・・・

けど、ほんと。自分の本心って言うのかな?気を使わずにいられるのは親元だなって思う。けど、親のために自分の人生を使ってしまうのはやっぱり親も子も不幸だからいつかは自立なんだよね。って会話をしてきたよ~
2005/08/17(水) 12:56:03 | URL | ゆうみ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mininana.blog17.fc2.com/tb.php/27-4f7e24c1
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。